創業期 戦前 戦後 現在


創業期
大正14年
(1925)
↓ 藤澤熊登26歳で8年勤務の「梶崎熊次郎商店」より独立、
『藤澤商店』を大阪市西区立売堀で創業。


鋼材生産高が輸入高を超える。ラジオ用ねじ部品の需要旺盛。

大正15年
(1926)
↓ ISO国際標準化機構設立。日本初自動式電話、東京で開設。
昭和4年
(1929)
↓ 納入先の「坂梨商事」より藤澤熊登に乞われ、藤澤寅雄が入店。
日本工業規格統一調査会ISAに加入。


N.Y.株式暴落、世界恐慌始まる。
昭和5年
(1930)
↓ 屋号「上がり藤」をトレードマークに。

自動木ねじ切機が開発され、鉄・木ねじが量産化。人口6,445万人に。
昭和8年
(1933)
↓ 製造部門『日ノ出製鋲所』を大阪市港区に新設。藤澤寅雄、入隊。

「東京鋲螺会」設立。日本が綿布輸出、世界一に。
戦前
昭和12年
(1937)
↓ 北京支店、上海支店、京城出張所を開設。
藤澤熊登、大阪商工会議所議員に。
昭和13年
(1938)
↓ 金属・機械業者の「大阪機械商組合」に「鋲螺部会」を結成。
ねじの出荷額3億9000万円。日中戦争開戦。

「鋲螺部会」が独立、「大阪鋲螺卸商組合」を結成。(約50社)

藤澤熊登、「大阪鋲螺卸商組合」専務理事に就任。
昭和15年
(1940)
↓ 『藤澤商店』を『有限会社 藤澤熊登商店』に改組。
工場を『藤澤鋲螺工作所』に改称、大阪市西淀川区に拡張移転。
監査役の椿繁夫氏(元参議院議員)が入社、工場支配人に。


ねじの出荷額7億。有限会社法が施行。
昭和16年
(1941)
↓ 藤澤寅雄、『有限会社 藤澤熊登商店』の代表者に。
藤澤熊登、地元広島の西城町の初代町長に。
 鋲螺関係全般より辞任。
『藤澤鋲螺工作所』の従業員300人に。


独ソ開戦。大東亜戦争開戦。「全国機械工具卸商業組合連合会」設立。
昭和17年
(1942)
↓ 戦争激化で、『藤澤鋲螺工作所』敷地を売却。

東京初空襲。関門トンネル開通。
昭和19年
(1944)
↓ 藤澤熊登、紺綬褒章を受章。「満州開拓移民団」団長として満州へ。
北京支店、上海支店、京城出張所を閉鎖。
戦後
昭和20年
(1945)
↓ 大阪大空襲で店舗焼失。藤澤熊登、僧籍に入る。

ポツダム宣言、受諾。
昭和22年
(1947)
↓ 藤澤熊登46歳にて死去。立売堀にて営業再開。仮店舗建築。

公正取引委員会、発足。男女共学6・3制、学校給食、実施。
昭和23年
(1948)
↓

『藤澤鋲螺株式会社』に組織を変更、藤澤寅雄が代表取締役社長に就任。
「大阪鋲螺商業会」を発足。(同業10社)

藤澤寅雄、「大阪鋲螺商業会」の副会長に就任。

昭和24年
(1949)
↓ 日本工業規格(JIS)制定。(ねじ関係は昭和27年より)
昭和25年
(1950)
↓ 『藤澤鋲螺株式会社』創業25周年。サービス強化で直需部、新設。

朝鮮戦争開戦で特需景気。
昭和28年
(1953)
↓ NHK・民間テレビ放送開始。
昭和33年
(1958)
↓ 日本輸出検査協会、設立。藤澤寅雄、大阪代表に。

全鋲商連総会、メートル法・規格統一実施を決定。
昭和34年
(1959)
↓ 鋲螺のメートル法、完全実施。東海道新幹線、開通。
昭和36年
(1961)
↓ 藤澤寅雄、ねじ略号名称統一委員長に。資本金1,000万円に増資。

ねじ製品、貿易の自由化。
昭和38年
(1963)
↓ 本社鉄筋4階建新社屋、完成。

東海道新幹線、営業開始。東京オリンピック開催。
鉄鋼生産高、世界3位に。
昭和41年
(1966)
↓ 輸出貢献企業の認定を受ける(以降6年連続)
大阪市西区江之子島に鉄骨2階建の倉庫が完成。
昭和43年
(1968)
↓ 東大阪市金物町に鉄筋3階建の東大阪営業所が完成。
昭和44年
(1969)
↓ 大阪市西区江之子島に本社分室を開設。
昭和45年
(1970)
↓ 大阪鋲螺卸商協同組合創立。藤澤寅雄、副理事長に就任。
東京都墨田区錦糸町に鉄筋3階建の東京支店が完成。
昭和46年
(1971)
↓ 藤澤寅雄、大阪鋲螺卸商協同組合理事長に就任。
昭和47年
(1972)
↓ 藤澤寅雄、全国鋲螺商業連合会・ねじ商工連盟の会長に就任。
昭和48年
(1973)
↓ 藤澤寅雄、藍綬褒章受章。

オイルショック。
昭和49年
(1974)
↓ 東大阪営業所に隣接した鉄筋3階建の2号館を新設。
昭和50年
(1975)
↓ 藤澤鋲螺株式会社、創業50周年。
昭和54年
(1979)
↓ 藤澤弘幸が代表取締役社長に就任。
昭和58年
(1983)
↓ 本社を大阪市西区立売堀から東大阪営業所に移行。
昭和62年
(1987)
↓ 国鉄民営化でJRに。
平成2年
(1990)
↓ 社名を、株式会社コムウエル・フジサワに変更。
平成3年
(1991)
↓ バブル経済と呼ばれる安定期が崩壊し、平成不況に。
平成7年
(1995)
↓ 阪神大震災が発生。円高騰70円台に。地下鉄サリン事件が発生。
平成9年
(1997)
↓ 藤澤弘幸、大阪鋲螺卸商協同組合の理事長に就任。

1989年よりスタートした消費税3%→5%に。たまごっちブームに。
平成11年
(1999)
↓ 藤澤弘幸、日本ねじ商業協同組合連合会の会長に就任 。
平成14年
(2002)
↓ 東京支店を墨田区両国に移転。
現在
平成19年
(2007)
↓ 藤澤義弘が代表取締役社長に就任。
藤澤弘幸が代表取締役会長に就任。

平成20年
(2008)
↓ リーマンショックによる世界的金融危機が発生。
平成23年
(2011)
↓ ISO14001認証を取得。

東日本大震災が発生。大津波により多くの沿岸地域が壊滅。
平成24年
(2012)
↓ 東京スカイツリーが開業。(東京スカイツリーR電波塔に緩み止め製品を多数納入)
平成26年
(2014)
↓ 消費税が5%→8%に。
平成27年
(2015)
↓ 株式会社コムウエル・フジサワ、創業90周年。